ニックネームやまざき
性別 女性
現在の読者数 : 0 人
 
作成した記事の一覧を閲覧できます。
他ポータルのブログ記事を検索したい場合は こちら より記事の検索を行えます。
カテゴリーなし … 37 件
≪ PREV
1
2
3
4
NEXT ≫
2019年11月15日(金) 19時18分
メッシュグローブじゃ、朝の通勤も少し寒く感じるようになってきた。

夫にワークマンに行け!と言われて、見に行ってきたものの、なんだかどれもしっくり来ない。

意を決して、バイク用品店へ。
ほぉ、グリップヒーター対応、なんてものもあるんだ?

防水で透湿になっているのもいい。
更に、左手の人差し指に、ちょっとしたゴムがつていて、シールドの水滴を落とせる仕様になっているものを見つけた。

2019年11月10日(日) 21時52分
ノープランツーリング。

早朝6時前に、家を出た。

鎧とセットで下半身もカバー出来るアイテムに、ネックウォーマー、ワーマンで購入したアンダーウェア、およびフリースを、これでもかっ!装備。
多分これなら2月の通勤でも無敵に違いない。

しかし、足元は、ホームセンターレベルの安全靴。
手元は夏用のメッシュグローブのまま。
グリップヒーターに頼っても伝わってくる冷気に不安を覚えなくはなかったが、
2019年11月09日(土) 08時20分
琵琶湖ツーリングで、寒さ対策への甘さを痛感し、Amazonさんでテキトーに(これが私の悪いところだが)なんとかなりそうなのを注文した。

それが届いたのは一昨日の夜。
昨日の突発ツーリングに間に合ったのはラッキーだった。

少しサイズが大きいようにも感じたが、
大きい分には問題なかろう、と早速鎧のようなそれを装着し、
意気揚々と待ち合わせ場所へ向かう。

冷たい風が隙間から入ってくることもなく、ツーリング向けに作られているだけあって快適である。
2019年11月05日(火) 18時41分
素晴らしく澄み渡る秋晴れの青空のもと、
ババシャツ2枚着込んで、真夏ながら着たきりのジャケットで家を出た。

さ、寒い。

それでも、グリップヒーターの温もりを頼りに、高速を走って待ち合わせ場所のコンビニまで一時間と少し。

ホットコーヒーを飲みながら、一息ついていると、聞き覚えのある排気音と共に、今回のメンバー4人全員が程なくして集合した。

目的地の彦根城まで、そこから約一時間。
2019年10月31日(木) 19時14分
USB電源と、スマホ台を付けてもらった。

スマホを置く台?は、
KS2もそうなのだけど、
マジックテープで貼るだけのシンプルなもの。
マジックテープ侮るなかれ、で、
時速200キロ超えで走ってもビクともしないのは作った人自身の実証済み。

650のも、その辺に転がっているアルミの板の端材でテキトーに作ってもらった。
ハンドルを固定している金具の代わりに、
2019年10月29日(火) 07時55分
スマホを見ながら走れないので、音声案内だけを頼りに。

つまり、絶対的方向音痴な私にとって、ほとんど、ココハドコデスカ?状態でトコトコ行く。

困ったのが、山道の前を走る車が、
私に気を使って道を譲ってくれること。
せっかくのお気持ちは嬉しいのですが、
多分、私のほうが遅いのですよ。
追いつかれて、あれ?と思われないように少し頑張る。

2019年10月26日(土) 18時07分
風が強いとかで船が出せないらしく、
楽しみにしていた釣りの予定が無くなった夫は、朝から不機嫌だった。

今月は4回しか出艇できなかった!とブツブツ言っていたが、上等じゃなかろうか。

その不機嫌の矛先は何故か私へと向けられ、
早く走りに行ってこいよ!と謎のプレッシャーを掛けてくる。

知多半島にある魚市場の、好物のサバの干物買ってこい!とうるさい。
あれは確かに美味しいが、そんなに食べたいなら自分で行けって話。
2019年10月23日(水) 07時42分
今週末の予定だった納車が、
少し繰り上がって、今日でも良いという連絡が入った。

ここの所不安定な天気も良さそうだ。

これは行くしかないでしょう!

楽しみすぎて、なかなか寝付けず、
夜中の3時に目が覚めてしまった。

2019年10月21日(月) 17時35分
今回は、KS2で参加する最後のツーリング。

私にとっての今日の大きな目標は、小学生のときに先生によく言われた、行って帰って来るまでが遠足です!という、それ。

しかし、最初の集合場所まで、20分足らずの道はガラガラ。

少し気を抜くと、110までしかないメーターを振り切りそうになってしまう。

別にそんなに加速が良い訳でも、パワーがあるわけでも無い。
ただただ非力な80ccが、
2019年10月20日(日) 21時47分
明日のツーリングに備えて、
岡崎から、豊田方面へと走ってきた。

毎度思うけれど、セローから乗り換えると、その小ささに戸惑う(笑)

グーグル先生を頼らず、
堤防沿いを特に目的もなく走らせた。
街を見下ろすような高さと信号のない道は快適で、秋の澄んだ青空が目の前に広がっていた。

最初の戸惑いが、次第にしっくりと来る感じになってくる…。
≪ PREV
1
2
3
4
NEXT ≫
 
2019 年 11 月
12
478
1112131416
17181920212223
24252627282930