ニックネームやまざき
性別 女性
現在の読者数 : 0 人
 
この記事を編集したい場合は こちら より行えます。
コメントやトラックバックの標準の公開・表示の設定を変更したい場合は こちら より行えます。
2020年01月14日(火) 18時32分

御前崎へ 静岡ラブ♪

もう、静岡が好きすぎる!

浜松は来週も行けるからと、
家から高速もノンストップ、御前崎まで一気に走らせた。
サクッと一時間半で到着。

海沿いをのんびり走って、御前崎灯台を目指す。
この寒いなか、ウィンドゥサーフィンを楽しむ人たちの姿が。
まるで色とりどりの蝶が、群れを成して青い海の上を舞っているかのよう。

三河湾の穏やかな海の姿とは違う雄々しい印象。
青はより深く、波は白く、そして、容赦なく吹き付けてくる海風もまた。

ゆるやかなコーナーを曲がりきると、
突然目の前に、優美なる富士山がその姿を現し、
その神々しいさに見とれ、
思わずアクセルを緩める。

少し前に左手に現れた御前崎灯台は軽くスルーした

はい、見ましたー、でいい。

富士山の写真を撮りたい!と思ったところに、
丁度開店直前らしき、海鮮丼が食べられそうな料理屋が目の前に。
その駐車場にバイクを止めた。

ここでお昼ご飯にしちゃえ、と、
開店を待っていた人たちに混ざって入店。
先に名前を書いていた人や、予約のお客様の後、
すぐにカウンター席に通された。

メニューをよくも見ず、海鮮丼1600円を注文。

運ばれてきたそれは、半分マグロ!
分厚く切られた、種類か部位の違う、三切れづつが、三山。
そして、鰹、サーモン、彩り程度に添えられた卵焼きが半切れ。
さらに、有頭甘エビ一尾、中国産と明記された、
分厚いあん肝。
イカとかタコとか無しでやってきた。
ちょこっと、添えられていたあおさも美味しい!

テンションが上がりすぎて写真を撮るのを忘れて貪り食う。
白味噌仕立てのお味噌汁もうまし!

誰よりも早く平らげて、一番に店を出た。
そして、堤防から、富士山のお姿を写真に納め、
私は来た道を戻り、気を取り直して御前崎灯台と愛車の写真も一枚。

立ちごけしそうな程の風の中、灯台に上がる気などもとより無いので、早々に立ち去る。

そして、浜岡原子力館へ立ち寄った。
ここでの感想は、書き始めると別の意味で長くなりそうなので省略しておこう。

その後は下道で、道の駅に立ち寄りながら、地元産の野菜を物色し、ほぼ普段の買い物を楽しみながら帰宅した。

やっぱり、私は静岡が好きだ。
また一段と静岡愛を深めてきた気がする。

二月は梅の花を観に、また訪れるつもり。

この記事へのトラックバックURL
https://ks21989.prtls.jp/tb/d_2243520127e41e4
この記事へのコメントの登録は 『 標準の設定を適用(全て受け付ける) 』 に 設定 されています。
登録されたコメントの公開は 『 標準の設定を適用(全て公開) 』 に 設定 されています。
標準の公開設定は こちら より変更することができます。
名 前 *
【 全角100文字以内 】
URL
【 全角500文字以内 】
お知らせしたいURLがある場合は入力してください。
コメント *
【 全角1000文字以内 】
いいね!を付ける場合は こちら をクリックしてください。
画像認証 *
認証の為、上に表示されている英数字を入力してください。
 
2020 年 1 月
23
58910
13151617
19202122232425
262728293031