ニックネームやまざき
性別 女性
現在の読者数 : 0 人
 
この記事を編集したい場合は こちら より行えます。
コメントやトラックバックの標準の公開・表示の設定を変更したい場合は こちら より行えます。
2020年01月11日(土) 07時28分

いきなりナイツー 刈谷ハイウェイオアシス~名港トリトン

例によって、例のごとく、
当日ゲリラ的に某氏により集合が掛かった。

21時、集合場所は、
刈谷ハイウェイオアシスに到着。
今回、某氏と私にTRIUMPHの三台。

市内という気軽さから、セローでトコトコ。
何か温かいものでも食べて帰ろ、位の軽いノリでいたのだが。

ちょっと頑張ったよ、という感じのイルミネーションに彩られた場所である。
キレイではあるが、規模的にはさほど大きくもなく、
これを目的に来る人もない様子。
駐車場はそこそこ埋まっているものの、
人が歩いている気配はほぼなかった。

二人は、それを背景にバイクの写真を撮りたかったらしいが、丁度よい場所を見つけられず断念。
大型二台に挟まれたセローが浮く(笑)のを
想像して、私はCBRで来なかったことを少々後悔し始めていた。

さらに、このまま名港トリトンに向かおうという話になった。

どこをどう走っているのか分からないまま着いていき、
行き止まりとなっている場所でバイクを止めた。
薄暗い水面の上に掛かっている橋を見上げると、いつもはそこを走っていることが不思議な程、頭上の遥か上にあった。

どうやらここは、インスタグラム用撮影スポットらしい。
そして、どうあがいても、セローが浮く。

私達が何枚かの写真を撮った後、そこを立ち退くと
ずっと待っていたらしい二台の車が、
そこに何度も角度を変えながら愛車を並べて、
楽しそうに撮影をしている姿が微笑ましかった。

それにしても、寒い。
冷たい地面から靴底を通り越し、
ジワジワと冷気が身体中を伝わっていく。

コンビニに立ち寄り、温かい飲み物で少しだけ癒されて、私達は帰路についた。

走りながら流れ解散した後、
ラーメンを食べたい衝動に駆られた。
どうする?どうする私?

しかし、今日のところはさっさと暖かくして寝るのが正解だという、もっともらしい理性が珍しく勝利し、サクッと帰宅。
こう寒すぎると、貪欲な食本能もおとなしく引き下がるようである。

この記事へのトラックバックURL
https://ks21989.prtls.jp/tb/d_22bc341c77e41bf
この記事へのコメントの登録は 『 標準の設定を適用(全て受け付ける) 』 に 設定 されています。
登録されたコメントの公開は 『 標準の設定を適用(全て公開) 』 に 設定 されています。
標準の公開設定は こちら より変更することができます。
名 前 *
【 全角100文字以内 】
URL
【 全角500文字以内 】
お知らせしたいURLがある場合は入力してください。
コメント *
【 全角1000文字以内 】
いいね!を付ける場合は こちら をクリックしてください。
画像認証 *
認証の為、上に表示されている英数字を入力してください。
 
2020 年 1 月
23
58910
13151617
19202122232425
262728293031