ニックネームやまざき
性別 女性
現在の読者数 : 0 人
 
この記事を編集したい場合は こちら より行えます。
コメントやトラックバックの標準の公開・表示の設定を変更したい場合は こちら より行えます。
2020年02月26日(水) 16時40分

二週間ぶりのCBRで霧中ツーリング

あぁ、もう、これ以上乗らずにいるなんて我慢ならんわ!とばかりに、
またもや、ノープランで家を出てしまった。
イチゴ狩りツーリングから、なんと二週間ぶり。

昼には気温が上がりそうな予報を信じて、雨上がりのウェットな路面もそのうち乾くだろう、と、最近浜松方面ばかりなので山へと向かう。

が、それは大きな間違いだった。
灰色の曇り空は無情にも晴れ間を見せる気配無し。

行けば行くほど気温は下がり、
峠に差し掛かる頃には4℃。

更には、濃い霧に覆われて、ただでさえ視界が悪いというのに、
シールドも細かい水滴がつき、気が抜けない。
そこにきて、避けられない場所にマンホールが待ち構えている。

ああ、でも。
この先には、あの美味しいお蕎麦と天ぷらがあるのだ。
それを食さずして、おめおめと引き下がる私ではない!

そう自分に言い聞かせて走り続け、
開店と同時に到着。

本日の第一客の特権で、
お好きな席へと案内を受ける光栄に預かり、
一目散にストーブに一番近い席を陣取った。

はー、あったかーい!生き返る~♪

蕎麦は絶対にざる蕎麦と決めているので、
いくつか用意されている季節の天ぷら盛りを、
しっかり吟味し、慎重に選ぶ。

今回は、五種の海鮮と野菜の盛り合わせをチョイス。
キス、穴子、イカ、ホタテ、牡蛎と、野菜はカボチャ、ニンジン、玉ねぎ、レンコン、ジャガイモ、大きな椎茸、そして、人生初のフキノトウ。
モリモリのモリモリである。

葉ワサビの醤油漬けもついでに。
これ、大好き!

ああ、もー、頑張って来て良かった。

満腹満足、最高に幸せ。
二番目のお客様がご来店するまでに、
つまり、天ぷらが冷めきる前に、
お蕎麦と共に素早く美味しく頂いた。

そこから、さらに濃い霧の中を走って、
最寄りの温泉へ。

平日だからか、まさかの貸し切り状態!
なんともいえない、贅沢な時間が流れる。

ゆったりと、20分も入ってしまった。
洗った髪を乾かして、服を着るまでも含めて。
人より多分、かなり早いほうかもしれないが、
温泉は湯あたりするのか、のぼせやすいのもあり、普段は3分もお湯に浸かって居られない。

そこからは、ノンストップで下道を走り、
帰宅、という、いつものパターン。

帰り道、霧も晴れ、ようやく乾いてきた路面は、
行きとは全く別物の安心感があった。
気持ち良くアクセルを開けていく。

二時間ほどで、行きつけのスーパーへ到着。

いつもの倍の容量のリヤボックスに、
半額ゲットの食材を詰め込んで、
意気揚々と帰宅した。

雨上がりの山道は、
霧とマンホールにご注意を!ですな。

で、例によって例のごとく、
蕎麦や天ぷらの写真撮ることを忘れていた件(笑)
この記事へのトラックバックURL
https://ks21989.prtls.jp/tb/d_41da1728107e421a0
この記事へのコメントの登録は 『 標準の設定を適用(全て受け付ける) 』 に 設定 されています。
登録されたコメントの公開は 『 標準の設定を適用(全て公開) 』 に 設定 されています。
標準の公開設定は こちら より変更することができます。
名 前 *
【 全角100文字以内 】
URL
【 全角500文字以内 】
お知らせしたいURLがある場合は入力してください。
コメント *
【 全角1000文字以内 】
いいね!を付ける場合は こちら をクリックしてください。
画像認証 *
認証の為、上に表示されている英数字を入力してください。
 
2021 年 4 月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930