ニックネームやまざき
性別 女性
現在の読者数 : 0 人
 
この記事を編集したい場合は こちら より行えます。
コメントやトラックバックの標準の公開・表示の設定を変更したい場合は こちら より行えます。
2019年10月08日(火) 19時43分

従業員用駐輪場にて

パートを終え、従業員用の駐輪場に向かうと、目を疑うような光景が待っていた。

FZRが倒れている!
な、なんで?!

しかも、スタンド側に。
自転車もずらりとドミノ倒しになっていて、
警備員さんが丁度自転車を一台づつ起こしている所だった。

故意に倒したのではないだろうけど、
倒した人は自転車すら起こそうとせず、その場を立ち去ったことなる。

さらに驚いたのは、その場にいた警備員さんは、たまたま見回りに来て、
その光景を見たのでは無かった。

僕のバイクまで倒れてなくて良かったよ、と、
倒れているFZRに私が乗ってきたとは思わなかったらしく、呆然と立ち尽くしている私に向かって、
呑気なことを言ってきた。

その目線の先には、年季の入った感じのモンキーが。
倒れた自転車の最後の一台は、どうやらその手前ギリギリだったらしい。

僕、ここでモンキーのメーター盗まれたことがあってさーと、
白髪頭の気の良さそうな60代らしきその人は、話を続けた。
だから時々、自分のバイク、心配で見に来るんだよね、ここ、防犯カメラもついてないし、と。

あの、こっちの倒れてるバイクで私来たんですよ、と言うと、少し驚いた顔になった。
とにかく起こさなければならないので、
昔取った杵柄で、体をバイクの下に入れるようにして力を入れると、車体が徐々に起き上がってきた。
警備員さんも親切に駆け寄ってくれ、
なんとか起こしてスタンドを掛けると、
左のウィンカーが前後とも粉々になり、
クラッチレバーが曲がっているのが分かった。
幸い、下敷きになった自転車のおかげか、フル塗装している車体に目立った傷はなく、少しほっとした。

エンジンは直ぐに掛かったけれど、
倒れていたせいか、
怪しげな2ストのような白煙を吐く。

警備員さんは気の毒そうに、気を付けて帰ってよ、と言い残して去っていき、
私は、さてどうしたものかと悩んだ。
自宅まで、左折は一回だけ。
これ、乗って帰っていいんだろうか?
自宅までは良くても、オーナーの所までは40分程の距離。

一度電話して確認してみることにした。

走れるなら走っていい。
気を付けて、という許可をもらい、
東浦から岡崎まで直行することに。

そして、とりあえず、
代車のFZRのさらに代車として、
セローを再び借りて帰ってきた。

気にしなくていい、と言ってもらえたけれど、
しばらく落ち込むなぁ。
この記事へのトラックバックURL
https://ks21989.prtls.jp/tb/d_517e152b137e3a86
この記事へのコメントの登録は 『 標準の設定を適用(全て受け付ける) 』 に 設定 されています。
登録されたコメントの公開は 『 標準の設定を適用(全て公開) 』 に 設定 されています。
標準の公開設定は こちら より変更することができます。
名 前 *
【 全角100文字以内 】
URL
【 全角500文字以内 】
お知らせしたいURLがある場合は入力してください。
コメント *
【 全角1000文字以内 】
いいね!を付ける場合は こちら をクリックしてください。
画像認証 *
認証の為、上に表示されている英数字を入力してください。
 
2019 年 11 月
12
478
1112131416
17181920212223
24252627282930