ニックネームやまざき
性別 女性
現在の読者数 : 0 人
 
この記事を編集したい場合は こちら より行えます。
コメントやトラックバックの標準の公開・表示の設定を変更したい場合は こちら より行えます。
2020年01月26日(日) 14時32分

KS2で豊橋カレーうどんwith殿

結論から言おう。
私的にはナシ!だと。

食べ進めるうちに、頭の中が?で一杯になり、そして、次第に箸が進まなくなり、減速していく食欲。
この感じは、以前にもあったものだ。

はっ!?

そうか、分かった。
伊勢うどんや!

決して、不味いわけではない。
コシのない柔らかいうどんに絡み付く、
甘口カレーが、私の好みでは無いだけである。

が、二度目は無い。
そう言い切れる。

カレーうどん層をやっつけ、
とろろご飯層にたどり着いた、が。
とろろで仕切られた下に、期待していた白米は存在していなかった。
とろろ程度の防御力では、カレーうどんの汁を防ぎきることなど、もとより不可能。

そこで私を待ち受けていたのは、とろろとカレーうどんの水分を吸い込んで柔らかくなった
白米らしきものであり、とろろはというと、ほぼ力尽きて存在感を失っていた。

トッピングの豊橋産うずら卵と大葉の天ぷらはとても美味しかった。あ、茹でたキャベツも。

しかし、早々に別メニューを食べ終え、
何かしらの意地悪を言おうと、私が根を上げるのをニヤニヤしながら待ち構えている、本日セローでお付き合い頂いた殿の期待には絶対に応えたくない。
その一心だけで、
最後の一口まで平らげましたぞ!

KS2で走る豊橋までの道のりは、距離よりも遠く感じた。

原付じゃ、たのしくないだろう?辛いだろう?と
道中何度も、KS2をディスられ、
豊橋カレーうどん等、その構造から察するに絶対に後悔するシロモノに違いないのに、
敢えて食べたがるとは酔狂にも程がある、愚者の極み!的にディスられ続けての、この結果。

しかし、完食しきったところで、全てお見通し。
お店を出たところで、
仰る通りでゴザイマシタ!ワタクシメが間違っておりました!と認めるより他なかったのだが。

解散場所の幸田の道の駅で、
口直しに食べな!と焼きたてのフランクを一本差し出された。
お腹はカレーうどんで一杯だったが、
恭しく受け取り頬張ったそれは、
ジューシーで香ばしく、旨い!
例の別腹システムが発動して、一気に頂いた。

本当に面白いな(笑)
フランクに無心でかじりついている私に向かって放たれたたそのお言葉は、誉め言葉として受け取っておきましょう。
変なもんばかりに興味を示す、どーにもならん意地っぱりなオバサンだと思われているのは、もはや百も承知。

ごちそうさまでした♪

SSのポジションより、セローのがなんか辛いわっ!
ハンドル切って曲げたろうか?と、とうとう最後はご自分の愛車までディスりながら、アクセル全開で去っていかれるそのお姿に。

私もまた、面白い方だと思ってしまうのをお許しくださいませ(笑)
この記事へのトラックバックURL
https://ks21989.prtls.jp/tb/d_a2021020e7e411a3
この記事へのコメントの登録は 『 標準の設定を適用(全て受け付ける) 』 に 設定 されています。
登録されたコメントの公開は 『 標準の設定を適用(全て公開) 』 に 設定 されています。
標準の公開設定は こちら より変更することができます。
名 前 *
【 全角100文字以内 】
URL
【 全角500文字以内 】
お知らせしたいURLがある場合は入力してください。
コメント *
【 全角1000文字以内 】
いいね!を付ける場合は こちら をクリックしてください。
画像認証 *
認証の為、上に表示されている英数字を入力してください。
 
2020 年 2 月
1
34568
912131415
1617181922
23242526272829