ニックネームやまざき
性別 女性
現在の読者数 : 0 人
 
この記事を編集したい場合は こちら より行えます。
コメントやトラックバックの標準の公開・表示の設定を変更したい場合は こちら より行えます。
2019年12月12日(木) 16時20分

セロー

代車として借りまくっているセロー。
走行距離はもはや3000キロ以上。

89年式。
KS2と同じ30年前の車両とは思えないこの安心感♪は何なのだろうか。
通勤も、もちろん快適。渋滞する、道のすり抜けも余裕。
左がダメなら右へ向かい、自転車感覚で
スルスル前に出られる。

Uターンも楽々。山道ではどんなに狭くて急な勾配のきついコーナーでも、不安感ゼロで曲がれる曲がれる。
燃費は26キロ。
CBR650Fは、高速走って28だから、
大体同じくらいだろうか。
ただ、強いて短所を挙げるとすれば、高速道路は辛い。
時速100キロを超えたら120出すのが限界だが、
その速度を維持するには、かなりの気合が必要になる。
バタバタと暴れ始めるフロントを両腕で抑え込みながら、このまま走ってていいんかいな?という不安との闘いになるのは必至。
トコトコと、どんな道もマイペースに、走れる、という点で、セローは本当に優等生だ。

明日はパートが終わり次第、
そのまま名古屋まで走っちゃおう!
美術館や博物館は、やはり一人で訪れるのが一番だと思う。
誰かと一緒に行っても、結局一人で鑑賞することになるというか。
同じ位、こういう場所が好きな人とだと、完全に館内別行動になるし。

名古屋市美術館で開催されている、
この機会にどうしても観たいと思っていた、イタリアの巨匠、カラヴァッジョ展が15日で終わってしまう。
土日は混み合うだろうから、平日は最後のチャンス。
とは言っても、かなり混んでいるだろうが。

車で名古屋を走るのは完全なる苦行だし、
電車は本気で嫌いだ。電車に乗るくらいなら、苦手な車で行く、くらいの気持ち。

最近気づいたのだけど、
セローで、二車線の追越車線で、
前の車の左ミラーに写り込む感じで走ると、かなりの確率で走行車線に入って譲ってもらえる。
KS2だと小さすぎてダメみたい。
煽ってる訳では無いし、
急ブレーキを掛けられても止まれる車間は保っているはずなので、
大きく見えるからなのかな?
この記事へのトラックバックURL
https://ks21989.prtls.jp/tb/d_a821414107e3cc7
この記事へのコメントの登録は 『 標準の設定を適用(全て受け付ける) 』 に 設定 されています。
登録されたコメントの公開は 『 標準の設定を適用(全て公開) 』 に 設定 されています。
標準の公開設定は こちら より変更することができます。
名 前 *
【 全角100文字以内 】
URL
【 全角500文字以内 】
お知らせしたいURLがある場合は入力してください。
コメント *
【 全角1000文字以内 】
いいね!を付ける場合は こちら をクリックしてください。
画像認証 *
認証の為、上に表示されている英数字を入力してください。
 
2021 年 5 月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031