ニックネームやまざき
性別 女性
現在の読者数 : 0 人
 
この記事を編集したい場合は こちら より行えます。
コメントやトラックバックの標準の公開・表示の設定を変更したい場合は こちら より行えます。
2019年10月12日(土) 12時59分

契約

夫の強い推しもさることながら、
私自身も、昨日の今日で、
あのCBR650Fを他の人に渡したくない気持ちになってしまっていた。
不思議なくらいに。

そして、朝イチで近いうちに契約したいので、他の人に売らないで置いてもらえますか?と、相手先に電話していた。

それを話すと、夫も何故か喜んでいた。
乗るのは私だけ、なのだけど。

置き場所はどうするんだ?
代車のセローは?と夫が言ってくる。

そんなこと、なんとでもするわ!
そう、私は言いきった。

夫が病気の後遺症でバイクに乗れ無くなったことを、私は今でも少し残念に思っている。
本人は、釣りというこれまで以上にハマれる最高の趣味に出会えて幸せそうだけど。

乗れていた、しても、絶対に一緒には走らんけどな(笑)
お互いに、全然楽しくないから。

夫は、釣りに行く。
病気の後遺症から不自由になった手では釣ってきた魚を捌くことができないから、
処理して料理するのするのは私の担当。

私は、私で、バイクで走りに行く。
乗れないそれに、夫はなんだかんだと口出しする。
ムカつくけど、間違ったことは言ってこないのを私は知っている。

今はこうして夫婦それぞれが自分勝手に
楽しんではいるけれど、
元は同じツーリングチームで走っていた、バイク乗りだったことは、
全く悪くないなって思う。

好きなだけ、釣りしてきなよ!って、
今の私は夫に笑顔で言える。

私も、同じくらい、楽しく走ってくるよ!
貴方がもっともっと、走りたかったであろう道を。
この記事へのトラックバックURL
https://ks21989.prtls.jp/tb/d_e2c63b3bc7e3ace
この記事へのコメントの登録は 『 標準の設定を適用(全て受け付ける) 』 に 設定 されています。
登録されたコメントの公開は 『 標準の設定を適用(全て公開) 』 に 設定 されています。
標準の公開設定は こちら より変更することができます。
名 前 *
【 全角100文字以内 】
URL
【 全角500文字以内 】
お知らせしたいURLがある場合は入力してください。
コメント *
【 全角1000文字以内 】
いいね!を付ける場合は こちら をクリックしてください。
画像認証 *
認証の為、上に表示されている英数字を入力してください。
 
2019 年 11 月
12
478
1112131416
17181920212223
24252627282930